なんとな~く ぴぎ話 会社ではできない話?

pigi.exblog.jp ブログトップ

謝辞

園児のみなさん、並びに保護者の皆様ご卒園おめでとうございます。
誠に僭越ではございますが、保護者を代表いたしまして、ひとことお礼を述べさせていただきます。
「謝辞」というのは「ありがとうの言葉」ということです。
今日卒園するみんなのおとうさんやおかあさんから、保育園の先生方に「ありがとう」の気持ちを伝えるための言葉でので、いっしょに聞いていてください。
園長先生、諸先生、そして関係者の皆様、本日はこのようにすばらしい卒園式を挙行していただき、誠にありがとうございました。
ご来賓の方々や地域の皆様には、子供達のために、常日頃からご尽力いただき、保護者一同心よりお礼申し上げます。
卒園の日を迎え、初めて保育園にお預けした頃からのことを懐かしくひとつひとつ思い出します。泣いている子供を先生にお願いして後髪を引かれる思いで仕事に出かけたこと、迎えに来た時に飛びついてきて逆に迎えられてしまったこと。いろいろな毎日が思い出されます。つらかったことも、先生方のお支えで乗り切り、保護者も成長できた気がいたします。
親子遠足、夏のお楽しみ会、運動会、冬のお楽しみ会など、たくさんの楽しい行事もありました。
何もできないと思っていた子が、運動会では一生懸命に走り、お楽しみ会ではお遊戯・お歌に頑張り、わが子の見違える姿に感動するとともに、先生方のご苦労が偲ばれます。
また昨年は東北地方太平洋沖地震という大きな出来事がありました。とても悲惨で悲しい出来事でしたが、電気も食べ物も無い生活を家族と送り、恵まれている現在の生活、そして家族の絆を感じることができた時間だったと思います。園児のみんなも怖い思い出が強く残っているかもしれませんが、その中に何かを感じて強く・やさしく、これからも成長して欲しいと願っております。
まだ物心のつかぬ我が子を抱いて、このバーフレ保育園の門を初めてくぐった日。あの日の幼かった子供達が、今日のこの席では心なしか頼もしく見えます。
これも園長先生をはじめ、諸先生方が、親も及ばぬほどのお心遣いと深い愛情で保育していただいたおかげと心より感謝いたしております。
言葉に尽くしきれるものではありませんが、本当にありがとうございました。
今はただお名残惜しい気持ちで一杯ですが、子供達にとって、バーフレ保育園での生活は、一生の宝物となることでしょう。
皆様からいただいた沢山の思い出やお教えを胸に、子供達は今日元気に巣立ちの日を迎え、四月からはいよいよ、小学校に入学いたします。
これからも、子供達の成長を見守り、何かとご指導くださいますよう、お願い申し上げます。
最後になりましたが、バーフレ保育園のますますのご発展と、先生方、ご来賓の皆様方のご健勝を祈念いたしまして、お礼の言葉といたします。

平成24年3月24日 
  卒園児保護者代表 ぴぎ


ということで、土曜日頑張ろう。。。
[PR]
by 000096 | 2012-03-20 11:14 | 雑談
line

ゲーム・スポーツ・雑談 等


by 000096
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30